加持





 
 コンフォートマンション17全景

 ミサトの部屋
 食べ捨てられたカップめんの容器、飲み捨てられた幾つもの缶コーヒー
 机にうつ伏せになり留守録を聞いているミサト


「 葛城、俺だ。多分この話を聞いている時は、君に多大な迷惑をかけた後だと思う。すまない。リッちゃんにもすまないと謝っておいてくれ。後、迷惑ついでに俺の育てていた花がある。俺の代わりに水をやっといてくれると嬉しい。場所はシンジ君が知ってる。
 葛城、真実は君とともにある。迷わず進んでくれ。もし、もう一度会える事があったら、8年前に言えなかった言葉を言うよ。じゃ 」

 


ミサト

「 鳴らない、電話、か… 」

 





シンジ 

 『仕事中 悪いけど声をかけないで』
の貼り紙の前に立つシンジ、横にはペンペンがいる


「 ミサトさん、今日も篭りっぱなしだ 」


 『許可なく 立ち入りを禁ず。勝手に入ったら殺すわよ!Eintritt Verboten!』
の貼り紙の前に立つシンジ、横にはペンペンがいる


「 アスカ、今日も戻らないつもりかな 」

background music II↓









ヒカリ

アスカ

ヒカリ

アスカ

 夜
 街路樹越しの三角屋根住宅、二つの窓の左側に明かりが灯っている


 ヒカリの部屋。ベッドに腰掛けて、ゲームに興じるアスカの背中を見つめているヒカリ

(学校にも行かず、家にも帰らず、ずっとゲームばっかり…)

「 ヒカリ… 」

「 ん、何? 」

「 寝よっか? 」

「うん…」

 

 

 









アスカ

ヒカリ

アスカ



ヒカリ

 
 街路樹越しの三角屋根住宅、左側の窓の明かりが消えている

 明かりの消えたヒカリの部屋
 ベットに横たわる、アスカとヒカリ
 ヒカリは天井を眺め、アスカはヒカリに背を向けくの字にまるまっている

「 ごめんね、私、邪魔かな?」

「 そんな事ないわよ 」

「  私、勝てなかったんだ、エヴァで。もう私の価値なんてなくなったの。どこにも。
  嫌い…大っ嫌い…みんな嫌いなの。
 でも一番嫌いなのは私。何かもう、どうでも良くなっちゃったわ」

「 私は、アスカがどうしたっていいと思うし、何も言わないわ。アスカはよくやったと思うもの 」

 アスカ、膝を抱えるように一層身体を丸める
 すすり泣く声が響く

 










リツコ 

 夜。ネルフ本部全景

 リツコのオフィス
 灰皿一杯の吸殻、フィルターには口紅が付着している
 机の上にはコーヒーメーカーとコーヒーカップ
 受話器片手に会話しているリツコ

「 そう、いなくなったの、あの子。
 ええ、多分ね。ネコにだって寿命はあるわよ、もう泣かないで、おばあちゃん。
 うん、時間ができたら一度帰るわ。母さんの墓前にももう三年も立ってないし。
 今度私から電話するから。ん…じゃ、切るわよ 」

「 そう、あの子が死んだの… 」

 机の上の黒と白の猫の置物をみつめる

 

LD Version



ゼーレA

ゼーレB

ゼーレC




ゲンドウ

ゼーレD

ゼーレA





ゲンドウ 


ゼーレB

キール

 月を背景に浮遊するロンギヌスの槍

「 ロンギヌスの槍、回収はわれらの手では不可能だよ 」

「 なぜ使用した」

「 エヴァシリーズ。まだ予定には揃っていないのだぞ 」


 モノリスに取り囲まれているゲンドウ、机の上で両手を組むいつもの姿勢は崩さない

「 使徒殲滅を優先させました。やむを得ない事情です 」

「 やむを得ないか。言い訳にはもっと説得力を持たせたまえ 」

「 最近の君の行動には、目に余るものがあるな 」


 電話のベル
 受話器を取り上げるゲンドウ

「 冬月、審議中だぞ。…分かった。
 使徒が現在接近中です。続きはまた後ほど 」

「 その時君の席が残っていたらな 」

「 碇、ゼーレを裏切る気か 」

Spending Time in Preparation↓




ミサト

 車中、運転しながら電話で会話するミサト

「 後15分でそっちに着くわ。零号機を32番から地上に射出、弐号機はバックアップに廻して。
 そう、初号機は碇司令の指示に。私の権限じゃ凍結解除はできないわよ。じゃ 」

 使徒をみつめるミサト、青空にオレンジ色のリングが浮かんでいる

「 使徒を肉眼で確認…か… 」

 

 



アナウンス

マコト

ゲンドウ

マコト



ゲンドウ

マコト

 射出される零号機

「 零号機発進、迎撃位置 」

「 弐号機は現在位置で待機を 」

「 いや、発進準備だ 」

「 司令 」

 振り返るマコトとシゲル

「 構わん、囮くらいには役に立つ 」

「 はい 」

 

 

アナウンス

アスカ 

マヤ 

アスカ 

シゲル

アスカ 

「 エヴァ弐号機、発進準備 」

「 のこのことまたこれに乗ってる…未練たらしいったらありゃしない… 」

「 弐号機、第八ゲートへ。出現位置決定次第、発進せよ 」

「 ふん、私が出たって足手まといなだけじゃないの 」

「 目標接近、強羅絶対防衛線を通過 」

「 どうでもいいわよ、もう… 」

 

 





シゲル 




マコト




リツコ 

ミサト 

シゲル 

マコト 

ミサト 

マヤ 

シゲル 

リツコ 

ミサト 


 森の上空を二重螺旋のリングが回転を続けている

 零号機内で様子を覗うレイ


「 目標は、大涌谷上空にて滞空。定点回転を続けています 」


 発令所、使徒の様子がモニターに映っている

「 目標のATフィールドは依然健在 」

 ドアの開く音
 肩越しに見遣るリツコ、ミサトが飛び込んでくる


「 何やってたの? 」

「 言い訳はしないわ、状況は!? 」

「 膠着状態が続いています 」

「 パターン青からオレンジへ、周期的に変化しています 」

「 どういう事? 」

「 MAGIは回答不能を提示しています 」

「 答えを導くには、データ不足ですね 」

「 ただあの形が固定形態でない事は確かだわ 」

「 先に手は出せないか… 」


 



ミサト 

レイ 



ミサト 

マコト 

 コックピット内で真剣な表情のレイ

「 レイ、しばらく様子を見るわ 」

「 いえ、来るわ 」

 回転が停止する使徒、二重螺旋が一つとなり、リングの一部が外れる
 蛇にようにくねりながら零号機に突進する使徒

「 レイ! 応戦して! 」

「 だめです! 間に合いません! 」

ANGEL ATTACK↓






シゲル 

ミサト 

マヤ 

リツコ 




マヤ 

ミサト 



マヤ 

リツコ 



ミサト 


 零号機のATフィールドを突き破り、零号機の腹部に突き刺さる使徒
 片手で使徒を握りしめ、パレット銃を発射する零号機
 侵食されていく零号機の腹部、毛細血管のような筋が這い回っていく

「 目標、零号機と物理的接触! 」

「 零号機のATフィールドは!? 」

「 展開中! しかし、使徒に侵蝕されています! 」

「 使徒が積極的に一次的接触を試みているの? 零号機と! 」


 零号機と同じ筋がレイの胸、顔へと這い上がっていく
 恍惚とも苦痛ともとれるレイの赤い表情

「 危険です! 零号機の生体部品が侵されています 」

「 エヴァ弐号機、発進! レイの救出と援護をさせて! 」


 射出される弐号機

「 目標、さらに侵蝕! 」

「 危険ね、すでに5%以上が生体融合されているわ 」


 地上に到着した弐号機

「 アスカ、後300接近したらA.T.フィールド最大で、パレットガンを目標後部に撃ち込んで。 いいわね?
 エヴァ弐号機、リフトオフ! 」

 

 

ミサト 


マヤ 

ミサト 

アスカ 

ミサト

「 出撃よ、アスカ!
 どうしたの? 弐号機は? 」

「 だめです、シンクロ率が2桁を切ってます 」

「 アスカ!! 」

「 動かない…動かないのよ… 」

「 このままじゃ餌食にされるわ。戻して、早く! 」

 収容される弐号機、その眼前では使徒が空に向かって鎌首をもたげている
 侵食される零号機、 そのコックピットでは全身侵食されたレイが身を逸らし、目を瞑って何かに耐えている


HOSTILITY  RESTRAINED↓

 

レイ
 



 

「 誰?

  私?

  エヴァの中の私? 

  いえ、私以外の誰かを感じる。

  あなた誰? 使徒? 私たちが使徒と呼んでいる人? 」

 

 

レイ 

「 私と一つにならない? 」

 

 

レイ
 

「 いいえ、私は私、あなたじゃないわ 」

 

 

レイ 

 


「 そう。でもだめ、もう遅いわ。

  私の心をあなたにも分けてあげる。この気持ち、あなたにも分けてあげる。

  痛いでしょう? ほら、心が痛いでしょう? 」

 

 

レイ 

「 痛い…いえ、違うわ…サビシイ…そう、寂しいのね… 」

 

 

レイ 

「 サビシイ? 分からないわ 」

 

 

レイ 




「 一人が嫌なんでしょ?

  私たちはたくさんいるのに、一人でいるのが嫌なんでしょ?

  それを、寂しい、というの 」

 

 

レイ 


「 それはあなたの心よ。

  悲しみに満ち満ちている。あなた自身の心よ 」

 

 





レイ
 


 水面に滴る雫、広がる波紋
 はっと目を見開くレイ、眦には涙
 腿に零れ落ちる音


「 はっ…これが…涙…?

  泣いているのは、私!? 」

 
涙をためながら、開いた両手を見つめるレイ

 




ミサト 


 身を屈める零号機の背中が膨れ上がり、装甲を破って、樹木のようなオブジェが出現する

 
「 レイ! 」

 THANATOS↓


ゲンドウ

ミサト

ゲンドウ 

ミサト 

「 初号機の凍結を現時刻をもって解除、直ちに出撃させろ 」

「 え… 」

「 出撃だ 」

「 …はい 」

 

 

アスカ 

「 何よ、私の時は出さなかったくせに… 」

 

 



ミサト 

シンジ 

 地上に到着した初号機、外される肩部拘束具

「 A.T.フィールド展開、レイの救出急いで! 」

「 はい! 」

 展開されるATフィールド
 気付く使徒、後頭部を初号機に向ける

 

レイ
 

「 碇君! 」

 振り向き叫ぶレイ

 

 




シンジ 






 
ミサト 




使徒



使徒 




使徒 

 初号機へ突進する使徒
 間一髪で回避する初号機

「 はっ! 」

 破壊される初号機のパレットガン

 初号機の頭部から物理的接触を図ろうとする使徒 
 両手で使徒の先端部を握り締め、防戦する初号機

 両手が侵食され、 レバーを握るシンジの両手にも毛細血管のような筋が浮かび上がる
 手が侵食される様をみて怯えるシンジ

「 シンジ君!プログナイフで応戦して! 」 

 プログナイフを突き立てる初号機、血しぶきをあげる使徒 

「 キャぁーーーっ 」

 
浸食されたシンジの手から顔が泡のように次々現れる

「 痛いわ…碇君… 」

 目を剥き、恐怖に怯えるシンジ


「 ウフフフ…  」

 使徒の先端がレイ化する

 

 



レイ
 

 全身を侵食され、コックピットのシートに身を委ねているレイ

「 これは私の心…碇君と一緒になりたい… 」

 

 



使徒

 レイ化した使徒が初号機の頭部にゆっくり近づき、頬にキスするように抱きつく

「 ウフフフ...  」

 

 

レイ
 

「 だめ! 」

 

 



マヤ

リツコ 

 拘束具が破れ零号機のコアが露出する
 
「 A.T.フィールド反転、一気に侵蝕されます! 」

「 使徒を押え込むつもり!? 」

 

 




使徒

 背中に突き出ていたオブジェが再び零号機内に吸引されていく
 初号機に取り付いていた使徒がひっぱられるように初号機から離れていく


「 きゃぁっ! 」

 あお向けになった零号機、肉塊のように盛り上がったコア
 使徒が吸い込まれ、膨張していく

 

マヤ

ミサト

「 フィールド限界、これ以上はコアが維持できません! 」

「  レイ、機体は捨てて、逃げて! 」

 

 

レイ
 

「 だめ、私がいなくなったらATフィールドが消えてしまう。だから、だめ… 」

 座席後部の赤いレバーを引くレイ
 唸り声を上げるディスク

 

 

ミサト 



マヤ 


「 レイ、死ぬ気!? 」

 膨れ上がった零号機のコアが局所的に風船が破裂するような窪みを残しながら縮んでいく 

「 コアが潰れます、臨界突破! 」

 

 

レイ
 

「はっ ! 」

 何かに気付いたように振り向くレイ
 光の中には眼鏡を外したゲンドウの笑顔
 開かれた瞳から流れる一筋の涙
 まばゆい光に包まれるレイ

 零号機が天に導かれるように起きあがり巨大化したレイの姿となって爆発 

 その爆発による光球は第三新東京市を飲み込んでいく

 

 






シンジ 

 
モニター越しのその爆発に唖然とする発令所の面々

 立ち尽くす初号機
 零号機の破片を見つめ呆然とするシンジ 

「 … 」

 


シゲル
 



ミサト 

マコト 

ミサト 

マヤ 

ミサト 

リツコ 

ミサト 

リツコ 

「 目標、消失… 」


 拳を握り締め、肩を震わせるミサトの背中

「 現時刻をもって作戦を終了します。第一種警戒態勢へ移行 」

「 了解、状況イエローへ、速やかに移行 」

「 零号機は? 」

「 エントリープラグの射出は、確認されていません… 」

「 生存者の救出、急いで… 」

「 もし、いたら、の話ね… 」

 「 クッ ! 」

 リツコを睨みつけるミサト


「  … 」

 顔を背けたまま俯くリツコの姿

 

→b-part 


Arranged by Kie ( E-mail : RXL05666@nifty.ne.jp )